So-net無料ブログ作成

ジュラシック・ワールド2015年夏公開!【ジュラパシリーズ最新作】 [映画]

スポンサーリンク



Jurassic-World.jpg

あのテーマパークが20年の時を経て、遂に究極のアミューズメント・パークがオープン!!

超メガヒットシリーズ最新作
『ジュラシック・ワールド』

2015年8月7日より全国ロードショー!

待望のジュラシック・パークシリーズについに最新作が公開されます!

『ジュラシック・ワールド』はシリーズ4作目となります。

予告編では、恐竜の姿を間近で楽しむ人々の様子、巨大なプールで行われる恐竜への餌付けシーンなど、迫力ある場面が次々と登場しています。




ジュラシック・パークの舞台まとめ

『ラス・シンコ・ムエルテス諸島』


「5つの死」と呼ばれ、『C』を描くように連なる5つの島々。
以下の島々は、これらの島の一つである。
北西から順に
『イスラ・マタンセロス島』(虐殺の島)
『イスラ・ムエルタ島』(死の島)
『イスラ・ソルナ島』(皮肉の島)
『イスラ・タカニョ島』(嘘つきの島)
『イスラ・ペナ島』(苦しみ・刑罰の島)

イスラ・ヌブラル島


第一作目の舞台。
架空の火山島であり、スペイン語で『雲の島』を意味する。
中米にあるコスタリカの沖から約200km離れた所に位置する。
ココ島がモデルだと言われている。

イスラ・ソルナ島


第二作目、三作目の舞台。
これも架空の火山島。
スペイン語で『皮肉の島』を意味する。
前作の舞台「イスラ・ヌブラル島」の南西140kmに位置する。

今作の舞台は?

1作目と同様、『イスラ・ヌブラル島』という架空の島です。
マスラニ・グローバル社が、その島に新たに恐竜のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を作るため、子会社の『アクシス・ボルダー・エンジニアリング社』と『チマック・コンストラクション社』を雇いパーク建設を行ったとのこと。

内容は?

この『ジュラシック・ワールド』は、第1作目の出来事から22年が経過しているという設定。
ジョン・ハモンドが思い描いたテーマ・パークは現実のものとなったが、「ジュラシック・パーク」での事故とともにハモンドのインジェン社は倒産。
代わりにマスラニ社が、同じ島の南部で「ジュラシック・ワールド」を運営している。
クリス・プラットが演じる「オーウェン」は、ジュラシック・ワールドの管理人として、ヴェロキラプトルの行動を研究している。だが、ジュラシック・ワールドでは来園者数が落ち込んで利益は減少。大胆な新型アトラクションがとんでもない事故を起こして、またしても生物科学的災害へとつながっていく・・・

予告動画





なんと、『ジュラシック・ワールド』の日本語版テーマパークサイトが公開になってます!

パークの最新情報(混雑情報や待ち時間)を更新している他にも、マップでは「モササウルスのエサやり」や「フェリー出航」や「白亜紀クルーズ」といったパーク内にある施設について案内。

さらにパーク内のレストランメニューや、生息する恐竜の詳細なども説明しているので、こちらをチェックすれば映画をより楽しめるはずです!

ジュラパークサイト1.png

ジュラパークサイト2.png


架空のテーマパークですが、このサイトを実際拝見すると、本当に存在しているかのようなテーマパークサイトになってます!
実際にあったらいいのになぁ・・・と思わせてくれるような構成になってます!ぜひぜひチェックしてみてくださいね!

パークサイトはこちら


最後までお読み頂きありがとうございました。

ランキング参加中!
このブログをより向上させていくために、、
「1クリック」宜しくお願いします!

にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

最新!トレンドNewsまとめは今何位?

スポンサーリンク




共通テーマ:映画
Copyright © 最新!トレンドNewsまとめ All Rights Reserved.
動物性の食物繊維

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。